Makoto Tateishi

代表取締役社長

広告ビジネスにおいて15年以上のキャリアを積む中で、デジタル領域においては、メディア運営企業がコンテンツを発信し続けることができる環境整備、またグローバルで通用するITリテラシーを有する人材育成とノウハウ蓄積の重要性を強く意識するようになり、株式会社エンハンスの設立に至りました。今後もメディアのイノベーションパートナーとなるべく、高いプロフェッショル意識を持ち、多様化するマーケットニーズに応えることのできる組織であり続けるために日々の成長に努めて参ります。

1998年中央大学を卒業後、株式会社キーエンスにてコンサルティングセールス職に従事、2004年株式会社サイバーエージェントへ転職後、インターネット広告代理部門にてメディア局、営業局長を歴任、株式会社マイクロアド転籍後は、メディア向けアドサーバーやSSP事業を統括。2014年12月、株式会社エンハンスを創業し現在に至る。