About Us

エンハンスのビジョンと、
代表の創業における想いについてご紹介します。

Vision

コンテンツとテクノロジーの融合により、
メディアの継続的な価値向上を支援する
イノベーションパートナーとなる

Delivering
多くのメディアから
数えきれないコンテンツがあふれている一方、
良質なコンテンツに適正な評価がされない
ケースが増えてきています。
エンハンスではコンテンツの価値を
最大限に高めながら、ユーザーに届けられるような
世界感を目指しています。
Changing
メディアを取り巻くテクノロジーが
日々変化をし続けていく中で、
そのトレンドに合わせた運用は欠かせなくなります。
エンハンスはメディアに精通したプロ人材が、
変化し続けるテクノロジーをキャッチアップし続け、
メディアに継続的な価値提供をおこないます。
Deepening
コンテンツはユーザーを豊かにする力があります。
エンハンスでは、ユーザー体験をさらに
深化できるようなコンテンツの在り方を
追求しながら、
メディアに価値を還元していきます。

Message

いつの時代においても
優れたコンテンツが創出され
多くの人々の心に響く情報が
得られる
世の中でありたい

日本には長い歴史の中で、優れたコンテンツを創出している企業が数多くありますが、急速なデジタルデバイスシフトの中で、消費者はインターネットを経由していつでも手軽に情報やコンテンツに接触できるようになりました。コンテンツへの接触が便利になる一方で、情報の無料化が進み多くのメディア運営企業がデジタル領域において継続的、かつ安定した収益を得ることが難しくなっていると言われています。
IT業界においては「すでに消費者の可処分時間の取り合いになってきている」と表現されることもあります。しかし、数々のテクノロジーがもたらす消費者生活の利便性向上の先には、よりリッチで感情を揺さぶる厳選された情報やコンテンツに消費者が触れる瞬間に生まれる価値が見直され、今後その価値に新たなビジネスモデルが立ち上がっていくものと考えています。
株式会社エンハンスは、多くのメディア運営企業がデジタル時代において、安定した事業運営に向けた支援、優れたコンテンツの発信を継続するための支援や、環境整備を支援したいという想いから、メディア運営支援の専門会社として創業しました。
「コンテンツとテクノロジーの融合により、ユーザー体験を活性化し、メディアの継続的な価値向上を支援するイノベーションパートナーとなる」をVISIONに掲げ、今後もプロフェッショナルな人材の輩出と、新たな事業モデルの創出に挑戦して参ります。

代表取締役社長立石 誠